シミウスはそばかすやニキビ跡にも効く?

シミウスにはそばかす対策に効くのか?
シミと区別しくいのですが実はそばかすには2種類ありそれぞれによって原因も異なります。

 

 

まずはあなたのそばかすの原因がどのようなものなのかを把握しておくことが大事なポイントになってきますので参考にしていただければと思います。

 

先天性のそばかす

 

先天性のそばかすとは子どもの頃からそばかすが存在しているケースです。
この場合は原因が遺伝性であると考えられてるためシミウスでは効果を実感しにくい症状です。

 

遺伝性のものであれ紫外線の影響は受けます。
つまり先天性のそばかすであってもしっかりとケアをしておかないと大きくなったり色濃くなったりと症状が悪化してしまいます。

 

そばかすの悪化を予防するという点を考えるとシミウスでのそばかす対策は有効であると考えることができます。

 

後天性のそばかす

 

先天性とは違い遺伝性ではなくシミのように紫外線によりメラニン色素が大量に作られることによる色素沈着です。
鼻や頬の小さく幅広く見られるのが特徴です。

 

原因がメラニン色素によるものですのでシミウスでケアしメラニンの排出機能を高め代謝を促進することで薄くしていくことができます。
このようにそばかすといっても原因が異なることで効果を実感することができるのかできないのかが違ってきます。

 

あなたのそばかすは先天性のものでしょうか?それとも後天性のものでしょうか?

 

シミウスでニキビ跡対策はできる?

シミとは違いニキビが悪化することでできてしまう色素沈着をニキビ跡と呼びます。
ニキビ跡は赤みを帯びてることが多いのですが炎症部分に紫外線を浴びてしまうと皮膚を守ろうとメラニン色素が分泌してしまいシミのように色素沈着してしまうことも珍しくありません。

 

ニキビ跡もシミと同じように代謝(ターンオーバー)をサポートしてあげることがポイントになります。
プラセンタエキスにはターンオーバーを活性化してくれますのでニキビ跡のケアにも有効に働きかけてくれることが考えられます。

 

ニキビが悪化し炎症を起こすことで活性酵素がチロシナーゼ(メラニン色素を作り出す部分)を刺激して起こります。
そのため炎症の度合いによっては大きさやダメージに大きな差があることが特徴です。

 

もちろん症状が大きいほどそれだけケアをしていくのに時間が必要になってくることは頭にいれておきましょう。

 

シミウスでほうれい線予防もできる理由

シミと同じように老化現象の一つにしわが思いつきます。
その中でもほうれい線は目立つし老けた印象を与えてしまうので気にしてしまう人が多いと思います。

  • 肌の乾燥
  • 皮膚のたるみ
  • 表情筋の衰え

いろんな原因が考えられますが何よりも乾燥によるお肌のたるみが1番の原因になると考えられるでしょう。

 

肌のたるみを予防

しわがなく弾力のある肌はコラーゲンやエラスチンなど保湿成分がしっかりと生成されてるためです。
しかしこれらは老化とともに減少してしまいますので弾力が衰えしわができます。

 

乾燥すると紫外線の影響も受けやすくなりたるんだ皮膚が回復できません。
元に戻ることができないと少しづつほうれい線も目立つようになってきてしまいます。

 

保湿効果にも期待ができるシミウスで潤いを与え乾燥を予防することはほうれい線対策に繋がると考えられます。

 

フェイスマッサージで筋力UP

シミウスは独自に開発されたジェルによりフェイスマッサージの効果を高めます。
マッサージすることにより衰えた表情筋を刺激することができます。

 

血行をよくしコリをほぐすことでリンパの流れを回復さしてあげることで表情筋の機能も上がりほうれい線や小じわ対策ができると考えられるでしょう。

 

シミウスは男性でも効果がありますか?

シミが発生してしまうのは何も女性だけではなく男性でも起こりうる症状ですのでしっかりと対策するのは必要でしょう。
もちろん男性でもシミの1番の原因は紫外線によるものであるためシミウスでのケアはおすすめですし効果を実感できると考えられます。

 

男性でもメイクをする時代ですのでスキンケアに抵抗を感じない人も増えてきているようです。
オールインワンであるため「スキンケアは意識してるけど正直めんどくさい・・・」そんな男性でもストレスなく続けられるのではないでしょうか。

 

男性よりも女性の方がシミになりやすい?

シミの発生率は男性よりも女性の方が多いと言われていますがそれほど大きな差はないものの確かに女性の方が原因となる理由が多いのは事実です。

 

女性ホルモン

 

女性ホルモンの一つである黄体ホルモンはメラノサイトを刺激するホルモンだと言われています。
ホルモンバランスを崩すとシミになりやすと考えらます。
妊娠中や産後にシミが増えたり悪化しやすいのはこのためです。

 

冷え性

 

男性に比べると女性は冷え性の人が多い傾向にあります。
身体が冷えると全身の代謝が落ちます。
お顔の代謝(ターンオーバー)の機能が下がるとメラニン色素を蓄積しやすくなるので冷え性はシミができやすいと考えられます。

 

メイク

 

男性もメイクをする人が増えているようですが女性の9割以上は外出時にはメイクをするのではないでしょうか。
化粧を落とすためのクレンジングやダブル洗顔は肌に負担を与えます。
結果、バリア機能の低下につながりシミができやすい肌環境になってる女性は少なくないでしょう。

 

男性でもシミができやすい

男性は女性と比べると肌の水分量が少ないと言われています。
年齢を重ねるとカミソリ負けを感じる人も増えてくると思いますが水分不足は肌の抵抗力が低いことを意味します。

 

そのため紫外線の影響やダメージを受けやすくなりメラニン色素が過剰に増えてしまいます。
また若い時に夏場、日焼けを目的とした遊んでいた経験がある男性も多いのではないでしょうか。

 

ある年齢を超えると同じように黒く日焼けしても代謝が間に合わす色素がそのまま沈着しシミが発生してしまいます。
特に30代を超えてくると男性もシミ予防を意識していく方がいいでしょう。

 

期間限定で全額返金保証つきで買える『シミウス』

シミウス,そばかすシミウス,そばかす

↓↓公式サイト↓↓

https://mebiususeiyaku.co.jp/